*

コーヒー嫌いを克服させたヨーロッパのコーヒー。違いは豆ではなく…

公開日: : 2016, フランス, 旅の思い出

 

Smooth-Touch-Workspace-1300x866

コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは

私が初めてコーヒーを一杯まるまる飲み干したのは、イタリア旅行中の事でした。

実家では両親がコーヒーをよく飲んではいましたが、それまで一度もコーヒーが美味しい、と思ったことはなかったのです。どちらかと言えばコーヒーは嫌いで、紅茶党。でもせっかくイタリアに来たのだからとコーヒーを飲んでみたら、なんですかこれ!な美味しさ。

イタリア滞在中はバルに入れば「ウン・カフェ・ペルファボーレ(コーヒーひとつお願いします)」とコーヒーを頼み、私のコーヒー嫌いは克服したかのように思われました。

が、日本に帰ってきてコーヒーを飲んでも、やっぱりおいしくない。イタリアの豆だからおいしかったのだろうか。いやでもイタリアで買った豆で淹れたコーヒーもなんか違う。こうしてコーヒーから再び遠ざかってゆきました。

その後しばらくして、フランスの友達を訪ねた時。ふらりとテラスのあるカフェに入ったのですが、友達が何も聞かずにコーヒーを注文。(注文した後でコーヒーでいいよね?と聞かれた。さすが?フランス人。)コーヒー得意でないんだけどね…。と内心思いつつ口にしたらあらやだ、美味しい。

しかし日本に戻ってコーヒーを飲んだら、やっぱり違う。そして三度目。再びフランスを訪れた時、私はようやく何が違うのか気づいたのでした。(遅いよ!)

ドリップコーヒーとエスプレッソの違い

その違いとは、フランスのカフェやイタリアのバルで出てくるコーヒーが、ドリップコーヒーでなく、エスプレッソである事!道理でカップがちまっとしていたわけです。(デミタスカップと言うらしい。)

espresso

イタリアでも、フランスでも、「エスプレッソ」ではなく「カッフェ」と言うので気づくのに時間がかかったのです。(後々、ガイドブックに書いてあったことに気づいた。)というわけ前置きが長くなりましたが、コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは、エスプレッソだったのです。

苦ーいイメージがありましたが、小さなデミタスカップにたっぷり砂糖を入れてクイッと飲んだり、甘いチョコレートやクッキーを一緒に食べると至福の味。イタリア出身の友達に言わせればエスプレッソに砂糖を入れるのはお子様なんだとか。

子どもでも余裕でコーヒーを飲む国、イタリア。でもイタリアでも普通に砂糖じゅわっと入れてる大人の人、結構見かけたので多分好みの問題だと思われます。笑

エスプレッソマシンがなくても家でエスプレッソが作れる?

美味しいコーヒーを家でも飲みたい!(引きこもり体質)日本でも飲みたい!でもエスプレッソマシンって高いよね…。と思っていたら、家庭ではこういうのを使うよと教えてもらいました。それがマキネッタ。

そういえば日本でもヨーロッパ出身の友達の家に遊びに行くと必ず置いてありました。マキネッタってなんぞやという方もいらっしゃると思うので、画像を。モカエキスプレスとも呼ばれるこれ。

そもそもエスプレッソは圧力をかけて抽出したコーヒー。このマキネッタはコンロで熱して圧力鍋と同じ原理でコーヒー豆に圧力をかけて抽出します。

厳密にはマキネッタで作るコーヒーはエスプレッソマシンよりは圧が弱いので、出来たコーヒーを「モカ」とも呼ぶのだそうです。豆の名前に「モカ」があったり、シロップを入れた「カフェモカ」なんて飲み物があったりするのでなかなか紛らわしい。

「モカ」はエスプレッソよりは濃厚さに欠けるけれど、十分に濃ゆい。家で飲む分にはこれでも十分。イタリアやフランスでは一家に一台はあると言われているのがわかる気がします。だって手軽だもの。

たまたま通りがかった路上のマルシェで売っていたので(フランスではスーパーでも売ってた)1カップ用の小さなマキネッタと五徳と共に買って日本に帰りました。山積みで気軽に売られていたところからも、普及率の高さがうかがえます。

こうして私はカフェのエスプレッソには負けるけれど、家でも美味しいコーヒーが淹れられるようになり、自宅で毎日のようにコーヒーを飲むようになったというわけです。

マキネッタのデメリット

しかし問題がひとつ。私が買って帰ったマキネッタは1カップ用。独りで飲むにはいいのですが、誰かと一緒に飲むには、一杯ずつ作らないといけません。面倒くさい。実はマキネッタのサイズはいろいろあって、1カップ(30cc)から18カップ用の大きなものまで、種類も豊富。

インターネットの大海に泳ぎ出でて探してみたらありました。天下のAmazon様に!楽天にもありました。特にマキネッタを作っているブランドで一番有名なイタリアのビアレッティ(Bialetti)のはわんさか。日本で購入しても価格はお手頃で安心。

マキネッタの難点は、大は小を兼ねないところ。大きい奴は指定されたカップ分より少ない量のコーヒー(モカ)が作れないのです。実家では3カップ分を購入。2人でも飲みきれるし、いざとなれば1人分と併用して4人分作れるので。

小さいものは家庭用のガスコンロでは小さすぎて安定して置けないので専用の五徳を使います。実家を出た後、一度魚焼きグリルの網で代用したらゆがんでしまったので慌てて購入。ゆがんでも良ければ、餅焼き用の網でも代用可能。

ステンレス製か、アルミ製か

通常マキネッタはアルミで造られていて、コーヒーの油分がアルミの表面につくことで、アルミ臭さが抜けていい味になるらしいのです。その油分が落ちてしまってはいけないので、洗うときは洗剤が使えません。

それだとちょっと衛生的に・・・と思う人にはステンレス製のものも売っています。実家を出た今、私はこっちのステンレスモデルのヴィーナス・2カップ用を新たに購入して愛用中。

(実家で使っていた1カップ用を持って行こうとしたら、お母さんが使うから持って行かないで!と拒否られました。笑)

スタイリッシュなデザインで、手入れも楽。ですが、やっぱりあの角ばったマキネッタが時々恋しくなったりもします。悩みどころ。どちらもキッチンにぽんと置いておいても絵になるし、電動エスプレッソマシンより場所も取らないし安価なのでとってもおすすめ。(とはいえ、手間を考えたら電動マシンもちょっと欲しかったりする。)

マキネッタでカフェラテを作る時のコツ

豆はILLYのエスプレッソ用を使ったりもしましたが、最近は豆屋さんで買っています。コーヒー豆屋さんで豆を買う時、豆を挽く粗さは1から10の段階で選べるのですが、ビアレッティのマキネッタには2.5の粗さをおすすめされました。

胃腸が弱いのでミルクたっぷりのカフェラテにして飲む事が多いです、と世間話をしていたら、入れるときはホットもアイスも、ミルクを先にカップに入れてからコーヒーを注ぐといいよ、と教えてもらいました。

家で実践してみると不思議。逆の順番よりもずっとマイルド。牛乳は暑い時期はアイスで、肌寒い時期はレンジの牛乳モードで温めたものを使います。

出かけるときは保温機能付きのタンブラーに入れて持ち歩けば、カフェに寄らずとも、美味しいカフェラテが飲めます。平日、だいたいお弁当なので、昼食を食べ終わった後の私のささやかな楽しみ。カフェインで目もしゃっきり覚めて午後の活力になります。

コーヒーのお供にはブラウンシュガーとシナモンの効いたベルギーのクッキー、ロータスを忍ばせて。普通に食べるとめちゃくちゃ甘いのですが、コーヒーに良く合います。

感動的に美味しい紅茶の記事はこちらから

紅茶の美味しさがわからなかった私が辿り着いた衝撃的に美味しいお茶とその価格。

インド仕込みのチャイレシピはこちらから

じんわり身体があたたまる。インド仕込みのチャイレシピ、こっそり教えます。

旅を始めたのは、実はチャイがきっかけでした。

私が旅を始めたわけ 全ては一杯のチャイから始まった

レモネード飲み放題♪ジンジャーシロップのレシピ

ピリ辛ジンジャエールの素を作る。ホットでもアイスでも♪自家製ジンジャーシロップのレシピ

スカイスキャナー
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

シェアしてもらえると嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もう絶対にカルガリー乗り継ぎアメリカ行きの便は乗らない。

カルガリー経由でアメリカに行く人は要注意 よく考えずカルガリー経由ポートランド行きのチケットを予約

記事を読む

クアラルンプールの新空港、KLIA2から市内へバス移動。宿情報あり

前回の記事ではエアアジアに乗り込んだところで終わりました。今回は着陸後のはなし。 前回エアアジ

記事を読む

韓国旅 通じない時は筆談を使え!韓国の夜は長い。屋台街と化粧品屋。

さて波瀾万丈、紆余曲折ありましたが、なんとか目的地の駅へ到着。 前回の記事:韓国旅 地下鉄の乗

記事を読む

こんなにもわくわくした本は初めて。「年収100万円の豊かな節約生活」

年金やら健康保険やらも含めて年100万円でいかに豊かな食生活ができるかを追求する本。貧乏生活ではなく

記事を読む

エアアジアで羽田からマレーシアへ。LCC深夜便の注意事項

半年前にエアアジアにて往復2万の激安チケットを購入してから旅立ちまで長かった。バックパックで旅するの

記事を読む

2015年の振返りと2016年の目標 旅編

ものすごく久しぶりに記事を書いております。月に8本どころか一本も書いてなかった2015年。あまりに書

記事を読む

ネパールの思い出

昔の写真を整理がてら、ちょくちょく旅の思い出記録を書いていこうかと。 タイはバンコクからネパー

記事を読む

韓国行き、アシアナ航空のセール格安運賃は取れず割引運賃にしました。

前回の記事 そろそろアシアナのセールが始まった頃ではないかと、アシアナのHPをチェック

記事を読む

ブログ用Instagramを始めてわかった5つのメリット。旅写真をのんびり公開中。

このブログでも始めてみました、インスタグラム。PCからだとサイドバーに、スマホやタブレットからだ

記事を読む

韓国旅 韓国のクレジット・両替事情

韓国はクレジット社会。 クレジットは少額でも使える 韓国では屋台等を除いて多くの店でクレジッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*


  • ISHU

    旅好き食好き映画好きのゆるバックパッカー。家が大好きで引きこもりがちですが、一度外に出るとなかなか帰ってこない習性があります。

    ヒンディー語漬けだったインドヨガ修行以外に海外在住・留学経験はありませんが、TOEIC500点未満から915点(リスニング満点)まで英語力アップ。おすすめのTOEIC本はこちら(アマゾン)

    詳しいプロフィールはこちら

    follow us in feedly follow on twitter

    お問合せ

入院の時の荷物。用意しておきたいもの・あってよかったものベスト10

先日、母が骨折で救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。

わたしに会うまでの1600キロ。いや、4260キロ!パシフィック・クレスト・トレイルにリアル挑戦中のレイチェル

いつもは日本語だけで書いていますが、今日は特別に英語併記のエントリ

コーヒー嫌いを克服させたヨーロッパのコーヒー。違いは豆ではなく…

コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは 私が初めてコーヒーを一杯ま

ヤマザキマリさんがtwitterをやめたのは契約問題に言及したせい?

ヤマザキマリさんがtwitterのアカウント閉鎖した理由? Tw

南アフリカで語学留学という選択肢。アフリカ一人旅は怖いけど…

ブログをご紹介いただきました。 先日、不具合を起こしていたメールフォ

→もっと見る

PAGE TOP ↑