*

最近観た映画のレビュー「ル・コルビュジエの家」

 

最近観た映画のレビューシリーズ

原題は「隣の男」という意味。ル・コルビュジエは近代建築の巨匠で日本では最近世界遺産登録へと動き出した国立西洋美術館の設計を担当したことでも有名。そんな巨匠の建てた家、の隣家の壁に隣人が穴を空けたことから騒動は始まる。

なんちゃらビエンナーレでも賞を取り、大学でも授業を持ち、住む家はル・コルビュジエの設計。ステータスは抜群、という主人公は隣家に面して窓を作るのは違法だと隣人に大抗議。そう裕福ではなさそうな隣人の男は部屋の中に光を取り入れたかったのだと弁明してなかなか譲らない。

なかなか閉じられない壁の穴に、奥さんはそこまで怒り狂わなくても、というくらい猛反発。南米の人って男の人も女の人も、ものすごい感情的だなぁ。冷静に観てたら、途中でやむなく提示された(というかはじめからそういう案はあったくせにあえて隣人の男には提示しなかった)解決策で万事OKでないか、と思うのに、何が彼らをそこまで怒り狂わせているのか。

途中織り交ぜられる数多くの細かいシーンからステータスは高くとも、彼らの持つ傲慢さ、驕り、家庭内の問題が次第に浮き彫りになる。一方で取るに足らないと見えた隣人の男の意外な一面も次第に見えてくる。尺は短めだけど、よく練られていて面白い。

個人的に笑ってしまったのが、コンテンポラリー音楽を主人公が知人と二人で聴いている時に、「この低音がいいな」的な感じで知人が話していたらじつはそれが、、、だったシーン。アートってもしかしたら名前を付けること、なのかもしれない。

終盤になって物語冒頭に何気なく貼られていた伏線から事態は急展開を迎え、衝撃のラスト。静かなシーンなだけに、恐ろしさが倍増。スプラッターとか、グロテスクだとかではなく、わずかな動きだけのそのシーンに思わず息を飲んだ。しかもエンドロール直前の最終シーンが暗示する事実!

感動のヒューマンドラマ!でもなく、手に汗握るサスペンス!というわけでもなく、主人公の持つステータス以外は結構ありがちに見える隣人とのトラブルなんだけれど、感情的な話が大きなウェイトを占める中で一番恐ろしい部分が淡々と描かれて、その落差にぞくぞくする。

背景から近代建築とかモダンな匂いがぷんぷんするのでつい「現代社会の人間関係の希薄さが原因。普段から隣人同士、交流して仲良くなっとけばよい」とか考えたくなるけれど、そういう話でもない。実はこれって結構いつの時代にも存在しうる狂気ではないだろうか。

と、ネタバレしないように書こうとすると何がなんだかわからない感じですね。ところで映画では実際にコルビジュエデザインの家をロケで使っており、その他登場するインテリアもモダンでセンスがよい。私はそこまで家具とか詳しくないけれど、建築とかインテリア好きな人が観たらそういう細かい小道具とかも楽しめるんじゃないでしょか。

あ、あとオープニング・エンドロールが結構凝ってて好き。

基本情報

  • 原題:EL HOMBRE DE AL LADO (英題:THE MAN NEXT DOOR)
  • 公開:2009年
  • 時間:103分
  • 製作国:アルゼンチン
  • 監督:ガストン・ドゥプラット マリアノ・コーン
  • 脚本:アンドレス・ドゥプラット
  • 出演:ラファエル・スプレゲルブルド 
  • 音楽:セルヒオ・パンガロ

お読み頂きありがとうございます。
ランキング参加中です。
クリックして頂けると励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly follow on twitter
instagram follow

スカイスキャナー
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

シェアしてもらえると嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

女子バックパッカーが旅に持っていく靴 どんな靴を持っていけばいい?

旅に持っていく靴ってみなさんどうしてますか? よく頂く質問がこれ。靴!どうしたらいいのー?とい

記事を読む

タイビザ情報。結論:旅行での陸海路再入国は1、2回なら恐らく可能。

先日の記事:悲報 タイのビザ規定変更 陸海路の入国が1回に制限されるって本当?(追記あり) 一

記事を読む

韓国の結婚式に呼ばれました。服装・お祝儀どうしよう。

先日の記事でちらっと韓国の友人の結婚式に招かれたお話をしましたが、なんと。同日に2件の結婚式

記事を読む

「英語話せない人」から脱却するまでに私がした勉強法(2)引きこもりでも英語は上達する

「英語が出来るようになりたい」というのは、相手が何を言ってるのか、何が書いてあるか「わかるようになり

記事を読む

じんわり身体があたたまる。インド仕込みのチャイレシピ、こっそり教えます。

だんだんと寒くなってきたので最近チャイパティと呼ばれる細かいお茶を使って、チャイを入れております

記事を読む

脱・三日坊主!一年の目標からフェードアウトしないための8つのポイント。(前編)

実は昨年末、一年の目標をいかに達成するか、という記事を途中まで書いて「こんなの読む人、いるかしら

記事を読む

地図を持たない旅をしてみよう。

photo credit: Bradley Wellscc 地図を持たない旅に出よう ちょっと前

記事を読む

私が思う国内外のゲストハウス・日本人宿のメリットとデメリット。

日本のゲストハウス初体験 海外もよいけど、海外から戻ってくると日本の原風景がかなり美しいことに

記事を読む

アーユルヴェーダ お白湯のすすめ

アーユルヴェーダを習った時に真っ先に勧められたこと。 それは、お白湯を飲むこと!

記事を読む

3日坊主の私が唯一続けていること

ISHUはわりとすぐ飽きるタイプです。 でも本当に好きなことに関しては一度飽きてもわりとカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*


  • ISHU

    旅好き食好き映画好きのゆるバックパッカー。家が大好きで引きこもりがちですが、一度外に出るとなかなか帰ってこない習性があります。

    ヒンディー語漬けだったインドヨガ修行以外に海外在住・留学経験はありませんが、TOEIC500点未満から915点(リスニング満点)まで英語力アップ。おすすめのTOEIC本はこちら(アマゾン)

    詳しいプロフィールはこちら

    follow us in feedly follow on twitter

    お問合せ

no image
お知らせ

Ishu のシンガポール転居に伴い、シンガポール移住前掲載のブログ管理

入院の時の荷物。用意しておきたいもの・あってよかったものベスト10

先日、母が骨折で救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。

わたしに会うまでの1600キロ。いや、4260キロ!パシフィック・クレスト・トレイルにリアル挑戦中のレイチェル

いつもは日本語だけで書いていますが、今日は特別に英語併記のエントリ

コーヒー嫌いを克服させたヨーロッパのコーヒー。違いは豆ではなく…

コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは 私が初めてコーヒーを一杯ま

ヤマザキマリさんがtwitterをやめたのは契約問題に言及したせい?

ヤマザキマリさんがtwitterのアカウント閉鎖した理由? Tw

→もっと見る

PAGE TOP ↑