*

インド・黄金寺院の無料食堂を映した映画『聖者たちの食卓』をアップリンクに観に行って来ました。

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 2014, インド, 映画

 

インド黄金寺院の無料食堂のドキュメンタリー映画

IMG_1971
昨日公開の『聖者たちの食卓』を渋谷アップリンクにて観てきました。インドのアムリトサルという場所にあるシク教総本山の無料食堂に密着したドキュメンタリー。

セリフなし、65分。長いと感じる人もいるだろうし、短いと感じる人もいるかもしれません。黄金寺院を訪れたことのある私にとってはとてもノスタルジックな時間でした。

シク教徒以外もたくさん訪れる黄金寺院

インド北西部にある都市アムリトサルにあるシク教の総本山、黄金寺院。実はシク教徒以外のインド人にとってとてもポピュラーな観光地です。聖地なだけあって、厳密に教えを守り、昔ながらの民族衣装を身に纏ってサーベルを携えた人たちも多く見かけますが、恐らくシク教徒ではなさそうなターバンをかぶっていない男性(あるいは教義をあまり厳しく守っていないシク教徒なのかもしれません)も多々見かけます。(女性は外見上の特徴があまりないので不明。)

付属する無料食堂も、無料の宿泊所も、インド系でもシク教徒でもない観光客にも、平等に開かれています。かつて私も黄金寺院を訪れたことがあり、慣れない土地と文化にびくびくしながらも頭を覆い、靴を預け、足を洗って白い大理石の敷地を歩き、大勢の人達とともに食事を頂いたのを懐かしく思い出しました。

寺院の中はたくさんのボランティアの協力のもと、非常に清潔に保たれ、食器もピカピカ。その日訪れた人も、その場で食器配膳の列に加われます。
golden temple

映画の中の無料食堂

混沌としたように見えますが、ある種インド独特の秩序に守られて、黙々と儀式のように食事の準備をし、後片付けをし、寺院が維持されていく様がカメラに収められています。

畑でジャガイモを収穫する人、鍋をかき混ぜる人、牛乳を注ぐ人。チャパティの種を丸める人、それを平たく伸ばす人、焼き上げる人、引き揚げる人、そしてそれを配る人。掃除をする人、食器を集める人、洗う人、運ぶ人、磨く人。

時折教義を掲げた寺院内の掲示は映し出されるものの、言葉を発することなく、黙々と無料食堂、そして黄金寺院の様子が綴られていきます。黄金寺院内で演奏されるインド古典音楽が時折聞こえてくるのみで特別なBGMはなく、現場の音のみ。金属の食器を投げて回収したり、途中けたましく、喧しい部分もあるのですが、その規則的な「喧しさ」にはどこか「心地よさ」さえ感じる程。

(実は一緒に観に行った友人は睡眠不足で上映中ほとんど舟を漕いでいる状態だった中、件のお皿回収の場面で一旦はっと起きたのですが、次第にその音が心地よくなった模様でまた深い眠りに戻っていきました。笑)

印象深かったのは、目に涙を浮かべながら玉ねぎの皮を剥く、少年と女性の映像。彼らボランティアが泣き言を言ったり、さぼったりする様子も、誇らしげな様子も映像にはなく、すべての人が黙々と、当たり前のように与えられた作業をこなします。

無心の祈り

寺院の前を通り過ぎる時でさえ地に頭をついて祈りを捧げるシク教徒の様子には深い信仰心を感じずにはいられません。しかし一方で黙々と、淡々と、作業をしていく様子にもある種の神々しさを感じます。「祈りを込めている」というよりは「無心」であるようにも見えるのに、なぜここまで神々しいのでしょうか。

私も食器片付けのボランティアの列に加わったことがありますが、「義務」や「やらなくてはならない」という気持ちは生まれず、自然と身体が動いていきます。チャパティ作りのシーンを観ている時、これはシク教の話ではありませんが、かつてインドのヒンドゥー教アシュラムにてご飯づくりの手伝いをしていた時のことを思い出しました。

10人前後の小規模なアシュラムでしたが、全員分のチャパティを焼くと、結構な枚数になります。小さなキッチンで、あのシーンをそのまま小規模にしたような流れ作業で黙々とチャパティを焼きます。大量にあるので自ずと皆無言になりますが、黙々と作業をこなす中で他の人たちとの一体感が生まれ、共に作り上げた食事を一堂に会して食べることで食べ物への感謝の気持ちが湧き出て来るのです。

黄金寺院・無料食堂の特殊性

ただ私が経験したヒンドゥー教徒達との生活の中にはひとつ、気になるポイントがありました。それは、カーストの低い人間はともに料理を作れない(下のカーストの人が作ったご飯を上の人たちは口にできません)同じ食器を使えない、同じ空間で食事を取れないということでした。くっきりとしたその線引には否応なくカーストの違いを意識させられれます。

イスラム教徒も多数いるものの、そういった階級文化が根付くインドの中で全ての人々が区別されることなくともに作業をし、同じ食器を使い、食事をする場所があるということ。それは当たり前のようで、実は当たり前ではなく、まさに”宗教、肌の色、信条、年齢、性別、社会的地位に関係なく、すべての人々は平等である”というシク教のを体現する稀有な場所なのです。

一瞬、他宗教でも行われている「施し」とも似ている気がするのですが、持てる人が持たざる人に行う施し、というよりは、シク教の場合貧しい人も富める人も区別なく作業を共に行い、「与える、与えられる」という関係性ではなくなっているところがこのグル・カ・ランガル(無料食堂)のユニークなところなのかなと感じました。(そして何より、レストランとして成立しそうなくらい、味もとても美味しいのであります。)

世界各地のシク寺院と無料食堂

このドキュメンタリーでは黄金寺院の、一日十万食提供とも言われる大規模な無料食堂を撮影していますが、実は世界各地にシク教の寺院は存在し、規模は小さいながらも、各地で「無料の食事」は提供されています。

私はこれまでバンコク(タイ)、マラッカ(マレーシア)のシク教寺院を訪れました。ちょうどタイムリーに9月上旬に訪れたばかりのマラッカのシク寺院GURDWARA SAHIB。

ここは数万人が訪れる黄金寺院の食堂とは違い、テーブルと椅子のある、小規模な食堂。食事の提供はシク教徒によって行われますが、食べ終わった後は、訪れた人達自身で役割分担をして、幾層にも連なるシンクで順番に食器をつけて洗い、流れ作業で食器を磨き上げます。それでも毎日朝、昼、ティータイム、夜と外国人も、インド人も、現地の人も、食事を共にするコンセプトは黄金寺院と変わりません。

予告編はこちらから

follow us in feedly follow on twitter

シク教とは

シク教とは、16世紀にグル・ナーナクがインドで始めた宗教。シクは弟子、グルは導師を意味する。(公式HPより)

黄金寺院とは?

インド北西部、パンジャーブ州にある都市アムリトサルに建つ、シク教の総本山とも言える寺院。大理石で作られた人工池の中に輝く黄金の寺院。敷地内では無料食堂と無料の宿泊所が開放されている。

なぜ無料で食事を提供しているのか?

「宗教、肌の色、信条、年齢、性別、社会的地位に関係なく、すべての人々は平等である”という教義を守る為に考案された習わし」(公式HPより)

映画情報



映画『聖者たちの食卓』公式サイト

  • 原題:He Himself Cooks
  • 製作年:2011年
  • 製作国:ベルギー
  • 監督:バレリー・ベルトー フィリップ・ウィチュス
  • 時間:65分

映画感想について

お読み頂きありがとうございます。
ランキング参加中です。
クリックして頂けると励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly follow on twitter
instagram follow

関連記事

インド好きがおすすめするインド系映画5本
見るとインドに行きたくなる海外動画 Rickshaw run
世界一周旅行者必見? バックパッカーのバイブル地球の歩き方電子版リリース続報!

スカイスキャナー
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

シェアしてもらえると嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

海外旅行、どう手配したらいい? 目次

TRAVEL AGENCY ISHU? 今年は珍しく海外には出ませんでしたが、大学生のころから

記事を読む

旅英語 知っておいて損はない。迷っている人にそっと囁きたい魔法の呪文 

ぐーたらバックパッカーISHUがおくる旅英語。 私はわりと旅先でもぐーたらしているのですが

記事を読む

韓国旅 通じない時は筆談を使え!韓国の夜は長い。屋台街と化粧品屋。

さて波瀾万丈、紆余曲折ありましたが、なんとか目的地の駅へ到着。 前回の記事:韓国旅 地下鉄の乗

記事を読む

男一人・失恋珍道中。酒と旅と男と女。韓国発の超低予算映画『昼間から呑む』が面白い。

最近観た映画レビューシリーズ 韓国産・低予算ロードムービー。 100万以下の低予算で作られた!と

記事を読む

韓国旅 地下鉄の乗り換えの教訓「大切なのは、あせらないこと」

さて10分遅れとはいえ、電車は無事にソウル駅に到着。ここから一時間のうちにまーよくもこれだけ…と出来

記事を読む

韓国航空券。アシアナキャンセルとバニラエア・チェジュ航空の合せ技。(追記あり)

先日の記事でアシアナをポチったことはお話しました。 ・結局、アシアナ航空の格安運賃は取れず

記事を読む

エアアジアのMBoマルチプル・ブッキング・オプションで日程をダブル予約が可能に。

LCC航空券衝動買いによくある後悔を打ち消してくれる画期的システム エアアジアで航空券衝動買い

記事を読む

海外旅行、前日までに済ませておきたい旅の必須準備項目チェックリスト。

韓国での友人の結婚式にご招待頂きました。気がついたら出発まで24時間切ってます。さて、何を用意し

記事を読む

おいしい生活にトランスポーター、サンジャックへの道からミーンガールズまで!最近見た映画あれこれ

おいしい生活 おいしい生活 ―デジタル・レストア・バージョン― posted with カエレ

記事を読む

香港気分を盛り上げる映画 インファナル・アフェアシリーズ

香港行きチケットを買ってうきうきなので、今回は旅気分を盛り上げる?香港映画をご紹介します。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*


  • ISHU

    旅好き食好き映画好きのゆるバックパッカー。家が大好きで引きこもりがちですが、一度外に出るとなかなか帰ってこない習性があります。

    ヒンディー語漬けだったインドヨガ修行以外に海外在住・留学経験はありませんが、TOEIC500点未満から915点(リスニング満点)まで英語力アップ。おすすめのTOEIC本はこちら(アマゾン)

    詳しいプロフィールはこちら

    follow us in feedly follow on twitter

    お問合せ

入院の時の荷物。用意しておきたいもの・あってよかったものベスト10

先日、母が骨折で救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。

わたしに会うまでの1600キロ。いや、4260キロ!パシフィック・クレスト・トレイルにリアル挑戦中のレイチェル

いつもは日本語だけで書いていますが、今日は特別に英語併記のエントリ

コーヒー嫌いを克服させたヨーロッパのコーヒー。違いは豆ではなく…

コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは 私が初めてコーヒーを一杯ま

ヤマザキマリさんがtwitterをやめたのは契約問題に言及したせい?

ヤマザキマリさんがtwitterのアカウント閉鎖した理由? Tw

南アフリカで語学留学という選択肢。アフリカ一人旅は怖いけど…

ブログをご紹介いただきました。 先日、不具合を起こしていたメールフォ

→もっと見る

PAGE TOP ↑