*

韓国旅 韓国のクレジット・両替事情

公開日: : 最終更新日:2015/07/20 2014, 旅の思い出, 旅の準備, 韓国

 

韓国はクレジット社会。

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

クレジットは少額でも使える

韓国では屋台等を除いて多くの店でクレジットの利用が可能でした。

韓国人の友人によれば、支払額がたとえ100円とかでもクレジット使うのだとか。私も3000ウォン(300円)のコーヒー買うにクレジットカードで(キラーン)とかやっておりました。スーパーでもコンビニでも使えます。

気になるレートは…

今回は私、楽天カードを利用しました。

上がってきた請求書からレートを計算。

為替相場のTTBとTTSの仲値を1とすると

  • 市内両替所(現金両替)が+1.5%
  • 楽天カード(カード支払い)が+2.3〜2.5%
  • 新生銀行カード(ATM利用)+5.1%
  • 仁川空港両替所(現金両替)は+11.42%
  • 成田空港両替所(現金両替)は+15.67%

という結果でした。(ISHU調べ)

ざっくり言ってしまえば%の分だけ手数料がかかっているということになります。

楽天カードの海外利用手数料はVISAレートの1.67%、新生銀行カードの手数料はVISAレートの4%。

ということはVISAレート自体が仲値の+0.6~1.1%なのかな。時間帯や日にちによって為替の変動もあるのでばらつきがある模様。

市内で現金両替するのが一番お得かと思いきや、楽天カードは利用ごとに1%のポイントが付くのでそれを加味したら+1.3〜1.5%となりカード支払いが一番お得な利用方法といえそうです。

クレジットでATMキャッシングが一番という話を聞きますが、キャッシングには金利(※)がかかるので、クレジット決済してもわりと安心な先進国であればクレジット支払いしてしまう方がよさそうですね。

※金利は利用日からカード支払い日までの日数で計算するのでその時によってばらつきがあります。だいたい約1〜3%。

ただどうしても現金って必要なもの。

キャッシングに関してはこれに金利を加味しても他の銀行国際キャッシュカードで下ろすよりもクレジットカードのキャッシング機能を利用したほうがレートは良さそうです。

市内現金両替が一番なんですけれども多額の現金を持ち歩くのはどうも不安という人はクレジットでのキャッシングをおすすめします。

ちなみに学生の場合はライフカードがおすすめ。

ライフの学生カードの場合、事前に旅行期間を登録しておけば後で海外利用分の金額から5%がキャッシュバックされます。

学生カードなのでキャッシングはできませんが5%キャッシュバック、結構大きいです。私もかつてよく利用しておりました。学生カードながら限度額が30万と大きめなのも便利。

韓国の衝撃的なサイン方法

韓国でカードを使う際に衝撃的だったのは、サインです。

最近日本でもたまに見かけますが韓国では電子タブレットでの署名が普及している模様。まぁそれは日本でもあるのであまり驚かないのですが、サインのスピードがものすごーく速いのです。

書き終わらないうちに画面がひゅっと消えてしまって、私、目が点。

えっ!!!

私「書き終わってないのに消えちゃった」
友人「サインなんて適当でいいのよー」

それじゃサインの意味無いでしょう!!

セキュリティどうなってんのかしら。クレジットカード、無くしたら大変!!

さらに衝撃だったのは・・・

でもまだそんなの序の口でした。

今度は韓国人の友人が支払う番。横でなにげなーく見ていたら。ちょっ、待って!今何書いた!?

ハートマークでした。

もはやサインでなくて記号じゃないか。

紛失時の連絡先は必ず確認していきましょう

韓国、クレジット落としたらマジで怖いな。紛失時は即止めないと、悪用されそうです。なくした時にすぐ止められるように
韓国に行く皆様、出かける前に是非今一度緊急連絡先をご確認の上、お出かけくださいませ。

セキュリティのしっかりしているカード会社を使う

セキュリティのしっかりしている会社は、怪しげな利用歴があればすぐに(文字通り即座に)電話がかかってきて、自分が利用したか聞かれます。

私、学生時代ライフカードを使っていたのですが、うちの母上が台湾で翡翠を買ったんですよ。普通のお店で。

JTB作成の案内にも載っているようなお店だったので大丈夫だろうと思って私のクレジットで決済したら、うまくカードが通らない。

と思ってあれこれしているうちに電話がかかってまいりまして。不正利用だと疑われていたとのこと。笑

またある時は一応日本からのアクセスではあるもののカタール航空のウェブサイトで夜中の2時にアンマンーバンコク行きの航空券を予約したのですが、決済自体はうまくいったものの翌朝9時ジャストに電話がかかってまいりまして

「カタールから決済の報告があがってますが大丈夫ですか?!」とオペレーターさん。

大丈夫です、それ、怪しげですが間違いなく私本人でございます。

電話がかかってくるとちょっと煩わしくはありますがその分セキュリティはしっかり見ているという証拠。ありがたいことであります。

どーすんの、どーすんの私?どーすんのよ?!って時はライフカードを使いたいと思います。(ネタが古い)

お読み頂きありがとうございます。
ランキング参加中です。
クリックして頂けると励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly follow on twitter
instagram follow

関連記事

スカイスキャナー
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

シェアしてもらえると嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

女子バックパッカーが旅に持ってく洗面用具・スキンケアグッズ

女子的洗面用具。 旅で持ってく女子グッズ。皆さん何持っていきますか?こればっかりは男子は書けな

記事を読む

私が旅を始めたわけ 全ては一杯のチャイから始まった

今日は私がバックパッカーを始めるきっかけとなった旅企画についてお話したいと思います。 インドに興味

記事を読む

回想京都ぶらり旅(1)風が吹けば桶屋が儲かる。

先日大阪に行く用事があったので、思いつきで帰りに京都に寄ってまいりました。 過去記事:国内夜行

記事を読む

ヨガとアーユルヴェーダ

古代インドの生活の知恵 ヨガとアーユルヴェーダは同じインドで生まれた生活の知恵。アーユルヴ

記事を読む

エアアジアのMBoマルチプル・ブッキング・オプションで日程をダブル予約が可能に。

LCC航空券衝動買いによくある後悔を打ち消してくれる画期的システム エアアジアで航空券衝動買い

記事を読む

入院の時の荷物。用意しておきたいもの・あってよかったものベスト10

先日、母が骨折で救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。電話をもらって慌てて病院に駆け

記事を読む

女子バックパッカーが旅に持っていく靴 どんな靴を持っていけばいい?

旅に持っていく靴ってみなさんどうしてますか? よく頂く質問がこれ。靴!どうしたらいいのー?とい

記事を読む

実録! 安さに対する焦りは禁物!旅行会社がまさかの倒産

激安航空券・激安ツアーの落とし穴 とにかく最安値で行きたい!と思っていませんか? 当時中欧一

記事を読む

インド好きがおすすめするインド系映画7本

これまで「わたしインドには何回も行ってるけど、たまたまインドだっただけで別にインドが好きなわけじゃあ

記事を読む

海外旅行、航空券の取り方 スカイスキャナーの3つの弱点と覚えておきたい航空券用語。

旅で一番お金がかかるのは航空券 旅に出る時に必ずしなければいけないこと、それは航空券の予約。ツ

記事を読む

Comment

  1. 稲田 より:

    アメリカもサインはクルクルって線を書いていてびっくりしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*


  • ISHU

    旅好き食好き映画好きのゆるバックパッカー。家が大好きで引きこもりがちですが、一度外に出るとなかなか帰ってこない習性があります。

    ヒンディー語漬けだったインドヨガ修行以外に海外在住・留学経験はありませんが、TOEIC500点未満から915点(リスニング満点)まで英語力アップ。おすすめのTOEIC本はこちら(アマゾン)

    詳しいプロフィールはこちら

    follow us in feedly follow on twitter

    お問合せ

入院の時の荷物。用意しておきたいもの・あってよかったものベスト10

先日、母が骨折で救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。

わたしに会うまでの1600キロ。いや、4260キロ!パシフィック・クレスト・トレイルにリアル挑戦中のレイチェル

いつもは日本語だけで書いていますが、今日は特別に英語併記のエントリ

コーヒー嫌いを克服させたヨーロッパのコーヒー。違いは豆ではなく…

コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは 私が初めてコーヒーを一杯ま

ヤマザキマリさんがtwitterをやめたのは契約問題に言及したせい?

ヤマザキマリさんがtwitterのアカウント閉鎖した理由? Tw

南アフリカで語学留学という選択肢。アフリカ一人旅は怖いけど…

ブログをご紹介いただきました。 先日、不具合を起こしていたメールフォ

→もっと見る

PAGE TOP ↑