*

イスラム教って?こんな時期だから観たい映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」

公開日: : 最終更新日:2015/07/17 2015, トルコ, フランス, 映画

 

バックパッカーの映画鑑賞記録

イブラヒムおじさんとコーランの花

追悼 オマル・シャリフ

先日、名優オマル・シャリフが亡くなったとの訃報が届いた。アラビアのロレンスで名を馳せ、ドクトル・ジバゴ等にも出演していたオマル・シャリフ。

そんな彼がおじいちゃんになって登場。とても深みのある食料品店主を演じていて、それだけで星4つくらい付けたい。

最近見た人生はビギナーズ!のクリストファープラマーもそうだけど、往年の男前俳優っていうのは皺くちゃになってもかっこいい。

かかっている音楽や女性たちのファッション・髪型から想像するに、舞台は60年代のパリ。物語は家庭内に問題を抱える少年が家の向かいにあるイブラヒムおじさんの営む食料品店で万引きをし、「盗むならうちの店だけにしなさい」、と言われるところから始まる。

終盤、オマル・シャリフ演じるイブラヒムおじさんパナマ帽かぶってフランスからトルコまでヨーロッパを横断して車を運転するシーンがあり、それがまたかっこいいんだ。晩に観て、朝起きてもなお余韻が残った。

シネマトゥデイの評するところによれば、「人種も世代の壁も超えた信頼関係を築いていく2人の姿が共感を呼ぶ感動作。」

ほのぼのともやもや

一人ぼっちの少年モイーズとイブラヒムおじさんの交流はほのぼのとしてちょっと笑えるストーリー仕立てではあるのだけれど、途中ちょっとしたもやもやに襲われた。ひっかかったのはタイトルにもありキーワードとして度々登場する「コーラン」の存在。

イブラヒムおじさんが大切そうに扱うコーラン。そこに何があるのか。モイーズ同様コーランを読んでみたらわかるのかとおじさんに聞きたくなる。しかしそんなモイーズにイブラヒムおじさんは「本なんて読む必要はない」という。

実は少年モイーズ(モーゼに由来)はユダヤ教徒。「今日は安息日(シャヴァス)だから」、と階下の女の子が言ってるところをみると、どうやら主人公の家だけでなく、彼女の家もユダヤ教徒らしい。道行く人の中にもユダヤ教徒特有の長いもみあげに服装をしている人がちらほら映る。

ユダヤ教徒というと戒律が厳しいイメージがあるが、モイーズは安息日も深く気に留めない。同じユダヤ教徒でも厳格さはさまざまだろうが、彼が気に留めていないのは彼に宗教的な影響を与えるほど父親と近しくはないからか。

いや、むしろ親への嫌悪と反抗心からか。やがてある人に「あなたはモイーズ?」と聞かれ、モイーズは自らの素性を隠すために「ムハンマドだよ」と答える。

宗教的なモチーフを随所にちらつかせるわりに、イブラヒムおじさんは自分が幸せであるのはコーランがあるから、というだけで養子にまで迎えても特にモイーズを改宗させようともしない。

なぜおじさんはあんなにモイーズに親切なのか。スーフィズム(イスラム教神秘主義)を信仰しているからか。それは宗教的信条なのか、それとも彼自身の性格ゆえなのか、頭の中に疑問がポンポン浮かんでくるが、映画の中ではなかなか詳しくは描かれない。

終盤、彼らはフランスからトルコまで、スイスを超え、アルバニアを超え、ギリシャを超え、旅をする。その途中で彼らはカトリックの教会を訪れ、ギリシャ正教の教会を訪れ、モスクを訪れる。

そして最後にスーフィズムのモスク?(何と言うのか謎)へスーフィーダンスを観に行く。しかしほかの宗教を貶めるわけでもなく、イスラム教(スーフィズム)を絶賛するわけでもない。

イブラヒムおじさんとコーラン

結局のところ、コーランとは何なのか、鼻息荒く力説するような部分はこの映画にはなかった。イブラヒムおじさんが伝えたかったのはイスラム教的、宗教的なメッセージではなく、遺言にあるように「人生で学んできたこと」だったようである。コーランはその象徴にすぎない。

イブラヒムおじさんにとってコーランは「人生で学んできたこと」の核になっていたが、コーランに固執する必要はない。だけれども、学んできたことはコーランの中にしっかりと載っている。

「やがてコーランの教えを知るだろう」というのはそういうことなのかな。宗教って人生で学ぶべきことの指針なのであって、人に押し付けるものではなく、でも困っていたら手を差し伸べるものなのかな、とほんのり思う。

「イスラム教徒」であるイブラヒムおじさんは控え目ながら愛情にあふれた人で、私が中東を旅していた時に出会ったイスラム教徒のみなさんも、そんな感じの人が多かったことを思い出した。

「アラブ系」(実際にはトルコ系)と言われはするものの、宗教や肌の色、職業を問わず、みんながひそやかに共存していたブルー通り。今年初め、パリでの銃撃事件が世界中を震撼させたけれど、現代のパリにもあのような穏やかでやさしい時間が流れる裏通りが健在であることを願う。

映画情報

残念ながらDVDは廃盤になっている模様ですが、Amazonのマーケットプレイス等から入手可。またオンデマンドでも配信されています。

  • 原題:Monsieur Ibrahim et les fleurs du Coran
  • 監督:フランソワ・デュペイロン
  • 脚本:フランソワ・デュペイロン、エリック=エマニュエル・シュミット
  • 出演者:オマー・シャリフ、イザベル・アジャーニ
  • 音楽:フランソワ・デュペイロン、マイケル・パティン、ローラント・プティン
  • 撮影:レミ・シュヴラン
  • 公開:2003年
  • 上映時間:95分
  • 出典:wikipedia

お読み頂きありがとうございます。
ランキング参加中です。
クリックして頂けると励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

follow us in feedly follow on twitter

スカイスキャナー
「dTV」ムゲン楽しい映像配信サービス

シェアしてもらえると嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おいしい生活にトランスポーター、サンジャックへの道からミーンガールズまで!最近見た映画あれこれ

おいしい生活 おいしい生活 ―デジタル・レストア・バージョン― posted with カエレ

記事を読む

欲張り旅実現?!日米往復とLCC世界一周の航空券がほぼ同額だった件w

夏のアメリカ行きの航空券を探しています。 航空券の探し方についてよく聞かれるので今回は私の航空

記事を読む

脱・三日坊主!一年の目標からフェードアウトしないための8つのポイント。(後編)

さて前回の記事では「映画を観る習慣をつける」という事例をベースに脱・三日坊主のための8つのポイン

記事を読む

LCCの航空券はいつ買うのがお得なのか?セール情報はどこで入手?HKexpressで香港行チケット購入

HKexpressの990円キャンペーン 少し前の話になりますが、香港のLCC、HKexpress

記事を読む

見るとインドに行きたくなる海外動画 Rickshaw run

イギリス男子達のロードムービー 先日YOUTUBEを見ていたらたまたまこんな動画を発見しました。イ

記事を読む

地球の歩き方電子版リリース続報! 旅行者必見。追加ラインナップはこちらでした。

随時更新中。 日本人バックパッカー待望の地球の歩き方、電子版がついに出ました! 最初は試験的にフ

記事を読む

地球の歩き方電子版8タイトル追加。バングラ・マレーシア・韓国・ニュージーランド等新登場!

実は以前書いた地球の歩き方電子版追加リリース情報、密かに随時更新しているのですが、昨年末から最近にか

記事を読む

もう絶対にカルガリー乗り継ぎアメリカ行きの便は乗らない。

カルガリー経由でアメリカに行く人は要注意 よく考えずカルガリー経由ポートランド行きのチケットを予約

記事を読む

アメリカでの結婚式にご招待されました。お祝儀はどうしたら??+映画の中の結婚式 in アメリカ

結婚式の正式なご招待の前に、Save the dateという「この日、スケジュール空けといてね!

記事を読む

わたしに会うまでの1600キロ。いや、4260キロ!パシフィック・クレスト・トレイルにリアル挑戦中のレイチェル

いつもは日本語だけで書いていますが、今日は特別に英語併記のエントリーを書いてみます。 Norm

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*


  • ISHU

    旅好き食好き映画好きのゆるバックパッカー。家が大好きで引きこもりがちですが、一度外に出るとなかなか帰ってこない習性があります。

    ヒンディー語漬けだったインドヨガ修行以外に海外在住・留学経験はありませんが、TOEIC500点未満から915点(リスニング満点)まで英語力アップ。おすすめのTOEIC本はこちら(アマゾン)

    詳しいプロフィールはこちら

    follow us in feedly follow on twitter

    お問合せ

no image
お知らせ

Ishu のシンガポール転居に伴い、シンガポール移住前掲載のブログ管理

入院の時の荷物。用意しておきたいもの・あってよかったものベスト10

先日、母が骨折で救急車で運ばれ、そのまま入院することになりました。

わたしに会うまでの1600キロ。いや、4260キロ!パシフィック・クレスト・トレイルにリアル挑戦中のレイチェル

いつもは日本語だけで書いていますが、今日は特別に英語併記のエントリ

コーヒー嫌いを克服させたヨーロッパのコーヒー。違いは豆ではなく…

コーヒー嫌いを克服させたコーヒーとは 私が初めてコーヒーを一杯ま

ヤマザキマリさんがtwitterをやめたのは契約問題に言及したせい?

ヤマザキマリさんがtwitterのアカウント閉鎖した理由? Tw

→もっと見る

PAGE TOP ↑